ホーム > どんな会社が良い会社?!

どんな会社が良い会社?!

なぜ手抜きは起こるの?

しっかりと適正価格で工事を行い、アフターメンテナンスも万全。もちろんそんな会社が、お客さまにとっては良い会社に決まっています。私達の業界もまた技術者の集まりですから、良い仕事を誇りを持ってして、それに見合うだけの料金を頂けるのが、本来の望みなのです。
それなのになぜ、悪徳リフォームや手抜き工事という言葉が世の中から無くならないのでしょうか。原因の一つとして、下請けや孫請けが多いというこの業界の仕組みがあります。

元請け→下請け→孫請け

例えば屋根の葺き替えを、Aさんがハウスメーカーに依頼したとします。そのハウスメーカーが取り引きのある工務店に発注し、その工務店が弊社のような屋根専門店に発注したとします。そうすると、屋根専門店は孫請けにあたります。
この場合、元請けであるハウスメーカーも、下請けである工務店も、利益を手数料という名目で取ります。1割の手数料をそれぞれ取ったとすると、残りの8割が屋根専門店の手に渡ります。
そのお金で屋根専門店は施工費用を賄い、さらに何がしかの利益を上げなくてはなりません。Aさんが仮に100万円支払ったとしても、孫請けに行った時点で80万円の仕事になってしまっているということです。
これが悪徳リフォーム業者となると、手数料どころではなく、懐に半分以上を入れて、残りを施工店に渡すところもあると聞きます。これでは身銭を切る以外、きちんとした仕事を施工店が出来る術はありません。このような悪徳業者に引っ掛かれば、お客さまは勿論、施工業者も職人も、誰もが不幸になってしまうのです。

孫請けシステム 受注の流れ例

専門店による直接施工という選択

これまで下請け、孫請けに甘んじることの多かった屋根専門店、塗装店などが、上記のような理由から、お客さまからの直接受注を最近になって目指し始めました。
施工能力、技術力を持つ会社が、お客さまのご相談に直接乗って見積りさせて頂くことで、中間マージンが不要となり、安価に良いものをご提供することが可能になるからです。
施工会社自身も、お客さまに対して胸が張れる仕事が出来るうえ、適正な利益も見込めます。そういう会社は職人肌で、技術に自信はあっても営業が苦手、というところも多いのですが、お客様に誠意を持ってぶつかっていこうと頑張っています。
三浦興業もそんな会社の一つ。職人としてのプライドを持ち、地域のみなさまに喜ばれる仕事をしていきたいと願う、技術者の集まりです。
地域に根を下ろした、直接施工の屋根、外壁専門店を是非探してみて下さい。
技術者としての誇りを大事にしている会社ならば、絶対にベストを尽くすはずですから。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

▲このページの先頭へ

施工事例のご案内 弊社に寄せられるよくある質問 地球に優しく・お財布にも優しい!! カバー工法とは? 太陽光パネルの設置にはご注意を! 三浦興業 会社概要

対応エリア

東京都
練馬区近隣(板橋区・和光市など)