ホーム > 外壁工事

こんな悩みはぜひ三浦興業へ

外壁工事

1.リフォームのポイント

・外装イメージの一新
・今風の意匠に!
・遮音・断熱性のアップ
・外壁通気工法で、耐久性、快適性アップ!

2.ご提案メニュー

1.外壁張替工事

張り替えとは、既存外壁材を全て撤去し、新たな外壁材を張る、最も安心出来る外装リフォームです。外壁材は勿論ですが、既に雨漏りをしている場合や腐食している部分は、下地の交換や補修を含め張り替えをおススメいたします。

2.外壁重ね張り工事

既存外壁材の種類にもよりますが、例えば、モルタル壁の場合には外壁材を撤去せず、その上に金属などの軽量外壁材を重ね張りする工法です。既存外壁材の撤去処分費が掛からないためコストを抑えることが出来、工期も張り替えに比べて短くて済むなどのメリットがありますが、リフォーム用部材をサッシ廻り等に使用するなどの考慮すべき点があります。

3.性能及びメリット

1.耐震

地震の際には、重い建物ほど、大きく地震の力を受けます。地震の際に建物にかかる力は、外壁材を軽くすることによって、小さくすることに繋がります。
外壁材の重さはモルタルの約二分の一以下にすることが出来ます。

2.防火

燃えにくく、火災の被害を最小限に抑えます。
火熱を遮る時間の長さを評価した「火災時の安全」に関する耐火等級が、住宅性能表示では定められています。この等級において殆どの外壁材が3等級に対応、一部の商品は4等級(最高等級)に対応しています。

・3等級→火熱を遮る時間が45分相当以上
・4等級→火熱を遮る時間が60分相当以上

3.通気

住いの耐久性が、「通気工法」で向上します。
住宅の高断熱化・高気密化にともない、これまで以上に通気性の重要性は高まっています。躯体内に空気の通り道を作り、湿気を放出して住宅の耐久性、快適性を向上させるのが「通気工法」です。

・透湿防水シートを使用し、雨水の外からの侵入を抑え、水蒸気を内部から外に排出します。
・通気層を設けることで、遮熱効果を発揮します。

4.断熱

熱損失を抑えて、冷暖房効率を高めます。
外壁材に使用している基材はすべて熱の伝導率が小さく、優れた断熱性を発揮。
内部から、外部から、熱損失が共に少なく、住いを快適に過ごしやすく保ちます。モルタルの約9倍の断熱性能です。

4.遮音

音の侵入を抑えて、心地よい生活空間を保ちます。
人の耳が最も敏感な250-1000ヘルツの音域に優れた性能を発揮する外壁材。
外からの騒音は勿論のこと、中からの生活音の漏れも軽減します。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

▲このページの先頭へ

施工事例のご案内 弊社に寄せられるよくある質問 地球に優しく・お財布にも優しい!! カバー工法とは? 太陽光パネルの設置にはご注意を! 三浦興業 会社概要

対応エリア

東京都
練馬区近隣(板橋区・和光市など)