ホーム > 塗装・防水工事

こんな悩みはぜひ三浦興業へ

塗装工事

1.リフォームのポイント

一番塗り替えで重要なことは、的確に既存塗装面の状況を診断し、その対策を必要であればとることです。
例えば、旧塗膜が剥離している場合は、雨水の侵入を疑って原因を突き止め、防水処理を行います。この処理を怠ると 塗り替え後、塗膜剥離を起こし、費用の掛かる修繕工事が必要となります。
紫外線や熱、風、雨等で塗料の膜が劣化し、次第に塗装表面が粉を吹く状態へ消耗していく現象を、チョーキングといいます。さっと手で触ると簡単にチェックできます。 チョーキング現象や色褪せが発生していませんか?

2.提案メニュー

アクリル樹脂ペイント、アクリルシリコン樹脂、ポリウレタン樹脂、遮断熱塗装などの豊富なバリエーションから、お客様のご予算、ご要望に沿った塗料をご提案します。

3.性能及びメリット

外壁塗装のメリット

建物の美観を高める働きはもちろん、外壁塗装には、外壁そのものを保護するという大事な役割があります。
外壁塗装のメリットについては以下のようなものがあります。
・美しく外観を整える
・外壁を保護し、防水性や耐久性を高める
・塗料の機能によっては遮熱効果、断熱効果、またセルフクリーニング効果などがあります。

耐久性

外壁塗装は外壁の耐久性を高めます。
塗料の主な種類には、耐久性の弱い順からアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ系があります。フッ素系塗料は耐久性に優れているため、直射日光、雨、風に晒されて最も傷みやすい屋根材の塗装として用いられるケースが増えています。
外壁の塗り替えに現状最も用いられている塗料は、シリコン系塗料で、価格と耐久性のバランスがよく、コストパフォーマンスに優れています。

防水性、透湿性

水分や湿気に弱いものも外壁にはあるため、塗装によって防水性を高めて傷みから外壁を守り、雨漏りなどを防止します。
また結露防止のためには、湿気は通し水分を遮断するという透湿性も重要になります。

断熱効果

冬は暖かく、また夏は冷房効果を高める働きがあります。
遮熱効果のあるものと併用すれば効果が高まります。

遮熱効果

直射日光による屋根表面や外壁の温度上昇を抑える遮熱効果で、室内の温度変化を軽減します。
夏場の冷房効果を高め、また冬場の室温も、断熱効果のあるものと併用することで安定します。

セルフクリーニング効果

微細なセラミック樹脂を配合した塗料や、光触媒塗料などでは、雨が降った際などに外壁に付着した汚れを自動的に洗い流すセルフクリーニング効果を持つものがあります。

外壁塗装のデメリット

外壁塗装のデメリットについてはありません。
敢えて挙げるならば、外壁塗装は永久的なものではなく定期的な塗り替え(数年~10数年の間隔)が必要になるという点がデメリットと言えます。
ですが外壁を守るためには有効な方法が塗装の他にないため、住まいの維持管理としては必要不可欠です。

外壁塗装については、塗装剥がれやクラック(ヒビ割れ)などの程度に合わせて下地補修を塗装を行う前に行います。
劣化があまり激しくなってから塗り替えを行った場合、傷みが外壁自体にも生じている場合もありますし、補修の費用も高くつくことになります。
そのため早めの塗り替えを外壁そのものにダメージが届く前に行う方が効率がよく経済的である場合が多くなります。
塗り替えは複数の施工業者に事前に見積もりを依頼して相場を確認しておくなど計画的に行うことがポイントです。

定期的な塗装を怠ることで生じる外壁そのものの劣化が最大のデメリット

最大のデメリットは定期的に塗り替えを行わなかった場合に生じる外壁そのものの劣化であると言えます。
塗り替えを定期的に行い外壁を保護することで外壁自体の劣化を防止、住まい全体の寿命を延ばすことにもなります。

外壁の塗装が剥がれていたり、ヒビ割れていたり、またチョーキング(白い粉が手で触ると付く)が起こっていたりといった劣化した状態で長く放っておくと、水分が外壁に染み込むことで雨漏りの原因になったり、また外壁や外壁内部の鉄筋に腐食が起きたりします。
そうなると修繕に掛かる金額が大きくなるので、外壁の塗装に異常が見られる場合には専門の施工業者に早めに見てもらったり、見積もりを依頼したりすると安心です。
外壁の塗装ですと、塗膜の耐久年数が塗料により数年~十数年となります。そのため施工業者に約10年に一度程度は状態を確認してもらうということも大切です。


防水工事

1.リフォームのポイント

屋上防水
最も厳しい環境下に常時ある屋上防水は、優れた耐候性と耐久性が要求され、長期にわたる安定した水密性が望まれる。
実績のある防水材と防水工法の採用が望ましい。

バルコニー防水
狭い場所での施工性と、人が出入し歩行することを加味し、又施工時の安全性、環境対策等を考慮した工法の採用が望ましい。
一般的なのはウレタン防水軽歩行用仕様の採用である。

共用開放廊下床防水
開放廊下は人が多く歩行する共用部分であり、歩行の安全性、快適性の考慮した意匠的にも美しい仕上がりを持った防水工法が望まれる。
防滑性長尺ビニルシート工法がすすめられる。

2.提案メニュー

建築物にはベランダ・屋上・浴室便所等の室内・地下等の各箇所に防水層の必要な箇所があります。
屋根材が、垂直の壁以外で無い部分は雨水の影響を受けるので、防水工事が必要となります。
特に防水工事は10年保証のできる材料と防水工法を、施工箇所の条件に合わせて選定する必要があります。

3.性能及びメリット

・外観を美しく整える
・外壁を保護し、防水性や耐久性を高める
・塗料の機能によっては遮熱効果、断熱効果、またセルフクリーニング効果などがあります。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

▲このページの先頭へ

施工事例のご案内 弊社に寄せられるよくある質問 地球に優しく・お財布にも優しい!! カバー工法とは? 太陽光パネルの設置にはご注意を! 三浦興業 会社概要

対応エリア

東京都
練馬区近隣(板橋区・和光市など)